地デジ・BSテレビアンテナ工事【料金満足度No.1】日本全国対応!アンテナ工事駆けつけ隊

BS・CSが映らないときの対処方法15選|エラーコードが表示される原因はテレビのチャンネルやアンテナレベルにあり!

2021.07.09

BS・CSが映らないときは、テレビ・アンテナ・周辺機器を点検しましょう。この3か所に映らない原因が潜んでいる可能性が高いからです。

とくにテレビに関しては、エラーコードやアンテナレベル(電波の受信レベルの強さを表す数値)、番組がないチャンネルを選択しているなど、原因となり得る要素が多くあります。そのため、BS・CSが映らないときは、まずテレビをチェックおよび対処をしましょう。

そこで、この記事ではBS・CSが映らないときのチェックポイント15点およびその対処法をご紹介します。この記事でご紹介した順に点検していけば、効率的に原因を発見できます。BS・CSを早く見たいときは、この記事を参考にしてみてくださいね。

なお、もしも今すぐにBS・CSを見たいのであれば、アンテナ工事駆けつけ隊にご相談ください。アンテナ110番なら即日施工が可能なので、迅速に対応いたします。もちろん現地調査費と見積りは無料です。長期8年保証も実施していますので、安心してご相談くださいね。

目次

    【テレビ|9点を確認】自分で原因に対処!

    もしもBS・CSが映らないのであれば、まずはテレビを確認しましょう。

    映らない原因がテレビにあることが多いからです。

    そしてその際、確認すべき点は以下9つを確認してくださいね。

    テレビが映らないときの原因
    • エラーコードを確認しよう
    • B-CASカードを差し込み直す
    • B-CASカードの端末部を掃除する
    • B-CASカードを交換する
    • アンテナレベルを調べる
    • アンテナの電源を確認しましょう
    • 他のチャンネルを確認する
    • 他の部屋のテレビを確認してみる
    • チャンネルの再設定
    • テレビを再起動させる

    エラーコードを確認しよう

    BSやCSがテレビに映らないとき、テレビ画面にエラーコードが表示されることがあります。エラーコードとはエラーの種類や内容、その対処法を示してくれるものです。いわば『故障の手がかかり』を教えてくれるわけですね。

    ちなみに、表示されるエラーコードは決まっています。

    具体的には以下のとおりです。

    表示されたエラーコードとその対処法
    E100 B-CASカードを差し込む
    E101 B-CASカードの端末部分を掃除する
    E102 B-CASカードを交換する
    E103 他のチャンネルを確認する
    E200 他のチャンネルを確認する
    E201 アンテナレベルを確認する
    E202 アンテナケーブルの接続を確認する
    E203 他のチャンネルを確認する
    E204 他のチャンネルを確認する
    E205 他のチャンネルを確認する
    E209 アンテナ線を交換する
    E400 他のチャンネルを確認する
    E401 CS・BS対応アンテナに交換する
    E402 他のチャンネルを確認する

    もしもエラーコードが表示されているのであれば、エラーコードと下の表を照合し、対処法を実行してみてくださいね。

    高確率でテレビが映るようになります。

    また、各対処方法は詳細は以下で解説しています。

    ぜひチェックしてみてくださいね。

    B-CASカードを差し込み直す

    B-CASカードを差し込みましょう。

    エラーコードが『E100』と表示されているときは、B-CASカードが未挿入であるときです。

    B-CASカードが外れているのかもしれませんので、確認してみてくださいね。

    B-CASカードの端末部を掃除する

    B-CASカードの端末部分を掃除しましょう。

    エラーコードが『E101』と表示されているときは、B-CASカードが正確に読み取られていないからです。

    おそらく、ゴミが付着しているのが原因でしょう。

    端末部分を掃除し、正しく装着すればBS・CSが映るようになるハズ。試してみてくださいね。

    B-CASカードを交換する

    そのテレビ専用のB-CASカードもしくは新品に交換しましょう。

    エラーコードが『E103』と表示されているときは、異なるB-CASカードが装着されているか、端末部分が破損している可能性が高いからです。

    B-CASカードを専用のモノもしくは新品に交換して対処しましょう。

    他のチャンネルを確認する

    他のチャンネルは映るかどうかを確認しましょう。

    「契約していない番組・放送されていない番組・存在しないチャンネル」を選択すれば、BS・CSは映らないからです。

    もしもチャンネルを切り替えてBS・CSが映るのであれば、映らなかった原因は選択したチャンネルにあったことにあります。

    チャンネルを切り替えて、他の番組が映るかどうかを確認してみてくださいね。

    アンテナレベルを調べる

    アンテナレベルを確認しましょう。

    アンテナレベルとは、簡単に言えば『電波をキチンと受信できているか否かを表す数値』のことです。

    このアンテナレベルが低いとき、放送を正確に受信が出てきていないために、BS・CSをキレイに表示できません。

    そして、エラーコードが『201』と表示されているときは、BS・CSが映らない原因が『アンテナレベルの低さ』にあります。

    そしてこのときの対処法は3つあります。

    アンテナレベルを改善する方法
    • アンテナケーブルを確認する
    • 周辺の障害物を取り除く
    • アンテナの方向を調整する

    ★アンテナケーブルを確認する

    配線がレコーダーにつながっているかを確認しましょう。

    具体的には以下のとおりです。

    配線とレコーダーがつながっているかを確認する方法
    • レコーダー裏側のアンテナケーブルが刺さっているか確認
    • テレビ裏側のアンテナケーブルが刺さっているか確認
    • アンテナケーブルの芯線が破損していないかを確認
    • アンテナケーブルが断線していないかを確認

    この4点を確認しましょう。

    BS・CSが映らない原因がアンテナケーブルにあるときは、このいずれかに問題があります。

    確認してみてくださいね。

    もしもアンテナケーブルに破損があれば、アンテナ工事駆けつけ隊にご相談ください。

    アンテナ110番なら即日施工が可能なので、迅速に対応いたします。

    もちろん現地調査費と見積りは無料です。

    長期8年保証も実施していますので、安心してご相談くださいね。

    ★アンテナ周辺の障害物を取り除く

    アンテナ周辺の障害物を取り除きましょう。

    アンテナの周辺に障害物があると電波をキチンと受信できないからです。

    ひょっとするとアンテナの周辺に障害物(生い茂った草木など)があるのかもしれません。

    いちどアンテナ周辺の状態を確認してみてください。

    もしも障害物があるならば、それを取り除いてくださいね。

    ★アンテナの方向を南西(東経110度)に向ける

    アンテナの方向を南西に向けましょう。

    アンテナの向きが南西(東経110度)以外に向いている場合、衛星からの電波を受信しにくくなります。

    これは台風などが通過した後に、よく起こるトラブルです。

    もしも台風が通過した直後にBS・CSが映らないのであれば、アンテナの方向に原因があるのかもしれません。

    そのときは、衛星がある南西にアンテナを向けてくださいね。

    そうすれば映るようになるハズですよ。

    ちなみに、BS・CSではなく地デジが移らないのであれば、アンテナを電波塔に向けてください。

    それで映るハズです。最寄りの電波塔の場所はネットで検索すれば出てきますので、試してみてくださいね。

    アンテナの電源を確認しましょう

    アンテナの電源を確認しましょう。

    アンテナの電源が入っていないと、BS・CS電波を受信できないからです。

    そのため、次の手順に沿って確認をしてみてくださいね。

    アンテナ電源を入れる方法
    • テレビリモコンの『メニュー』を押す
    • 『初期設定』もしくは『機器設定』を選択する
    • 『設置設定』を選択する
    • 『受信設定』を選択する
    • 『衛星』を選択する
    • 『アンテナ電源』を選択する
    • 『供給する』もしくは『入』を選択する

    これでアンテナ電源を入れることができます。

    BS・CSが映らないときは、この方法を試してみてくださいね。

    他の部屋のテレビを確認してみる

    他の部屋のテレビが映るかを確認しましょう。

    他のテレビも映らないのであれば、アンテナに問題があります。

    その一方で他のテレビでは映る場合、テレビ自体に問題があります。

    テレビの電源や配線が抜けていないかを確認してくださいね。

    テレビを再起動させる

    テレビを再起動させてみましょう。

    BS・CSが映らないのが一時的なものであるならば、これで映るハズ。

    試してみてくださいね。

    もしもまだ映らないのであれば、アンテナ本体や周辺機器に問題があるのかもしれません。

    引き続き調べていきましょう。

    【アンテナ|3点を確認】自分で対応する方法

    テレビに原因が見つからなかった場合、アンテナに問題があるのかもしれません。

    次はアンテナを点検していきましょう。

    また、アンテナを調べる際は以下の3点を調べてくださいね。

    アンテナを調べる時のポイント
    • アンテナ本体が破損・劣化をしていないかを確認
    • アンテナケーブルが断線していないかを確認
    • CS・BS対応アンテナかを確認

    アンテナが本体が破損・劣化をしていないかを確認

    アンテナ本体が破損および劣化をしていないかを確認しましょう。

    もしもアンテナが折れていたり、曲がっていたりする場合はアンテナを交換しましょう。

    また、台風や大雪などが原因でアンテナが破損した場合、修理費用に火災保険が出ることも!

    火災保険を使えば修理費用がタダになりますので、ぜひ使ってくださいね。

    また、もしもアンテナは壊れているときは工事駆けつけ隊にご相談ください!

    アンテナ110番なら即日施工が可能ですので、迅速にアンテナを交換いたします。

    もちろん現地調査費と見積りは無料です。

    長期8年保証も実施していますので、安心してご相談くださいね。

    アンテナケーブルが断線していないかを確認

    アンテナケーブルが断線していないかを確認しましょう。

    もしも断線をしているのであれば交換しましょう。

    また、断線の原因によっては火災保険が下りて、タダで修理できます。

    加入している火災保険の契約内容をチェックしてくださいね。

    BS・CS対応アンテナかを確認

    自宅のアンテナがBS・CS対応かを確認しましょう。

    対応していないアンテナだとBS・CSが映らないからです。

    アンテナがBS・CS対応型か確認をしてくださいね。

    確認の仕方としては、売買契約書もしくは賃貸契約書を確認すればわかるハズ。

    チェックしてみてくださいね。

    【周辺機器|3点を確認】自分で対処しよう

    テレビ・アンテナに異常がないのであれば、BS・CSが映らない原因は周辺機器にあるのかもしれません。

    周辺機器をチェックする際は、以下の3点を確認してくださいね。

    アンテナを調べる時のポイント
    • 分配器を少なくする
    • 使っていない録画機器を外す
    • ブースターの電源を確認する

    分配器を少なくする

    分配器を少なくしましょう。アンテナとテレビの間に分配器を多く配置すると、電波が弱くなる傾向にあるからです。

    そのため、テレビまでの配線に分配器を多く設置しているのであれば、1~2個に減らしてみてくださいね。

    使っていない録画機器を外す

    使っていない録画機を外しましょう。

    使用していない録画機を設置することで、電波が弱くなるからです。

    もしも使っていない録画機をそのままにしているのであれば、いちど外してみましょう。

    テレビまでの配線をシンプルにすることで、BS・CSが映るかもしれませんよ。

    ブースターの電源を確認する

    ブースターの確認をしましょう。

    ブースターとはアンテナが受信した電波を増強する機器を指します。

    ブースターを使うことで、電波が弱い地域に住んでいても、BS・CSがキレイに映るようになるのです。

    しかし、もしもこのブースターの電源がオフだと電波がブースターで遮断されてしまいます。

    これではBS・CSが映りません。

    そのためBS・CSが映ないときは、ブースターの電源が入っているかを必ず確認しましょう。

    また、ブースターの調子がおかしいときはアンテナ工事駆けつけ隊ご相談ください!

    アンテナ110番なら即日施工が可能なので、迅速にブースターを設置いたします。

    もちろん現地調査費と見積りは無料です。

    長期8年保証も実施していますので、安心してご相談くださいね。

    それでも視聴できない!天候と周辺の建物が原因

    テレビ・アンテナ・周辺機器を確認してもBS・CSが映らないときは外的要因、つまり家の周辺に原因があるのかもしれません。

    家の周辺に原因がある場合
    • 天候が悪い
    • 近くに建物が建った

    天候が悪い

    天候が悪いとBS・CSが映らないことがあります。

    なぜなら電波は水に吸収されるという性質を持っているからです。

    そのため、台風・大雪・大雨などといった状況下では電波が弱くなり、BS・CSが映らなくなるのです。

    また、台風であれば強風によってアンテナが曲がってしまうことがあります。

    大雪であればアンテナに雪が降り積もり、電波をさらに受信しにくくなります。

    このように、天候によって電波の受信のしやすさが大きく変わります。

    もしもテレビ・アンテナ・周辺機器にBS・CSが映らない原因が見当たらないのであれば、天候が原因かもしれません。

    そのときはブースターを設置し、弱い電波でも映るようにするとよいでしょう。

    近くに建物が建った

    アンテナの周辺に新しい建物が経つと、BS・CSが映らなくなることも。

    電波が建物で遮断されるからです。

    この場合はアンテナの位置を変更しましょう。

    そうすれば電波を受信できるかもしれません。

    アンテナの位置を移動させてもBS・CSが映らないのであれば、ブースターの設置を検討しましょう。

    いちどご相談くださいね。

    また、テレビが映らないとき原因や対処法は「テレビが映らない原因と対処法|画面にE201・E202・E203が表示されるならアンテナの不具合や受信レベルの低下!各種設定や調整で解決しよう!」でもご紹介しています。

    BS・CSだけでなく地デジも映らないときは、この記事を参考にしてみてくださいね。

    まとめ|BS・CSが映らないときはテレビなどを確認!

    BS・CSが映らないときはテレビやアンテナ、周辺機器を確認すべきということがわかりましたね。

    そしてチェックすべき点は合計で15点もあることが判明しました!

    とくにテレビにおいては、チェックポイントが9点もありましたね。

    もしもBS・CSが映らなくなったら、まずはテレビのチャンネルやB-CASカード、アンテナレベルを点検しましょう。

    そうすればBS・CSが映らない原因を効率よく探すことができますよ。

    また、テレビを点検しても異常がなかった場合だとアンテナと周辺機器を確認しましょう。

    アンテナや周辺機器もBS・CSが映らない原因になり得るからです。

    この記事でご紹介した内容に基づいて点検をしてくださいね。

    それでもBS・CSが映らないままであるならば、天候や建物が原因なのかもしれません。

    そのときはアンテナの位置調整やブースターの設置などで解決を計ってくださいね。

    BS・CSが映るようになるかもしれませんよ。