地デジ・BSテレビアンテナ工事【料金満足度No.1】日本全国対応!アンテナ工事駆けつけ隊

【エラーコードE202】はアンテナに問題あり?すぐに試せる対処法とアンテナレベルの受信の確認や原因を大解説

2021.08.26

テレビをつけたら急に表示された「E202」の文字。
これは「テレビの電波が適切に受信できていない」という意味のエラーコードです。

原因はテレビ、アンテナ、ブースターなどさまざまです。
すべての原因をひとりで解決するのは難しいので、まずは手軽に試せる解決方法から試してみましょう!

この記事では、手軽に試せるエラーコードE202の解決方法と原因をまとめました。 すぐに試してみましょう。

しかし…、いろいろ試してもテレビが映らない場合原因は「アンテナ」にあるかもしれません。

もしも、いろいろ試してテレビが復旧しなければ【アンテナ工事駆けつけ隊】にご連絡ください。
アンテナは屋根の上などにあり危険なため、場合によってはブースターの増設が必要だからなんです。

【アンテナ工事駆けつけ隊】は24時間、365日受付。
見積り無料で、最大8年間の保証も付いているのでお気軽にご相談ください。

アンテナがズレた、テレビが映らない
E202のトラブルは【アンテナ工事駆けつけ隊】ですぐに解決!

目次

    テレビの不具合や設定ならすぐ直る!原因と解決策

    【まずはこれを試そう】テレビの不具合や設定をチェック

    • テレビの再起動
    • 配線の確認
    • チャンネルの再設定
    • アンテナレベルが高すぎたら地上デジタルアッテネーターを設定
    • 衛星放送の人はB-CASカードとセットトップボックスをチェック

    テレビの再起動

    1番お手軽に試せるのがテレビの再起動です。
    最近のテレビは高性能なためキャッシュがたまる、もしくは何らかの不具合によって映らなくなっている可能性があります。

    再起動後は入力切替があっているか?も確認してください。

    再起動の方法はテレビによって異なりますので、お手持ちのテレビの公式ホームページなどをご確認ください。
    以下は一例です。

    【ソニー】

    電源が入ったままのテレビに向かいリモコンボタンの「電源」を長押し→再起動を選択、もしくは5秒以上押し続ける。電源のコンセントを抜く

    【シャープ】

    電源が入ったままのテレビ本体の電源スイッチを5秒以上長押し→1分後電源を入れる

    【東芝】

    本体の電源ボタンを8秒以上長押し、電源を切る→電源コンセントを抜き、数秒待つ→コンセントを挿す

    配線の確認

    配線の確認

    ゆるんだ配線がないか確認します。
    「アンテナケーブル(アンテナ入力やVHF/UHF、BS/CS用と書かれた場所)」がゆるんでいないか確認します。
    配線のチェックをするときは、念のためテレビの主電源を切ってからおこなってください。

    アンテナケーブルの中には針のような部品があり、これが折れたり曲がったりするとテレビが映らなくなります。
    アンテナケーブルを挿すときは、そっと差し込んでください。

    チャンネルの再設定

    引っ越ししたばかりの人、テレビを買い替えた人に多い不具合です。

    上記に心当たりがない方も、設定の初期化などでチャンネル設定がズレと考えられるので、1度チャンネルの設定を確認しましょう。

    大抵「設定画面→地域設定、チャンネル設定、デジタル放送受信設定」で設定できます。

    設定の際にはお手持ちのテレビの公式ホームページなどをご確認ください。
    以下は一例です。

    【ソニー BRAVIA】

    設定画面を開き、放送受信設定を選択→デジタル放送受信設定「地上デジタル:自動チャンネル設定」を選ぶと自動で設定される

    【シャープ AQUOS】

    メニューボタン、ホームボタンを押して本体設定もしくは設定から「チャンネル設定」を選ぶ→地上デジタルを選択→地上デジタル―自動を選択→UHFを選ぶと自動で設定される

    【東芝 レグザ】

    リモコンの設定メニュー→「初期設定、チャンネル設定」を選択→地上デジタル自動設定→再スキャン→「設定された内容の確認でする」を選択

    アンテナレベルが高すぎたら地上デジタルアッテネーターを設定

    チャンネル設定を開いたらついでに、電波の強さを確認しましょう。
    お使いのテレビによって異なりますが大抵「設定ボタン→放送受信設定」で強さが確認できます。

    アンテナレベルはお使いのテレビによって異なるため、公式ホームページなどをご確認ください。
    大抵の場合画面に「電波は良好、適切です」などの文字が表示されます。

    アンテナレベルが強すぎる場合は、アッテネーターをオンにしましょう。
    アッテネーター(減衰器)とは、強すぎる電波を弱める装置のことです。
    チャンネル設定からアッテネーターのオンオフを切り替えて、様子を見ましょう。

    逆に弱い場合は、後述のブースターを取り付けます。

    さらに詳しく!アンテナレベルってなに?

    アンテナレベルとは、地上デジタル放送の電波を受信する強さのことです。
    これが下がるとテレビが視聴できなくなります。

    たいていの場合、アンテナレベルの低下は「チャンネルの再設定やアンテナの向きを正しい向きに変える、ブースターの設置(後述で解説)」などで改善されます。

    アンテナレベルは各メーカーによって適切なレベルが異なり、以下はその一例です。

    アンテナレベルの一例
    シャープ ソニー 東芝
    60以上 数値ではなくカラーバー、緑ならOK 22以上

    衛星テレビの人はこれもチェック!

    地上波以外のテレビが見えるBSやCSの場合、接続機器を確認しましょう。
    ケーブルテレビの方も一緒に見ていきましょう。

    B-CASカードを抜き差し

    テレビ、もしくはセットトップボックス(衛星放送を観るときに使う接続機器、チューナーとも呼ぶ)にB-CASカードが挿してあります。

    カードの接触不良の可能性があるので、一度抜いて金色の端子部分を眼鏡拭きなど柔らかい布で軽く拭いてください。

    拭き終わったらカードを同じ場所に挿しこみます。
    スロットが複数ある場合は、さし間違えが無いようにしてください。

    セットトップボックスの確認&再起動

    セットトップボックスの配線を確認します。
    電源コードが抜けていないか?テレビと接続する配線にゆるみはないか?確かめてください。

    それでもだめなら、セットトップボックスの再起動をします。
    録画中の番組は再起動をおこなうと録画が中断されるため、復旧後に続きから録画するか再放送を待ちましょう。

    メーカーによって再起動の方法が異なるため、詳しくはお手持ちの接続機器の公式ホームページなどをご確認ください。
    以下は一例です。

    【住友電気工業株式会社、Panasonic】

    リセットボタンがあるのでそれを押す

    【Panasonic ディーガなどのブルーレイハード】

    電源ボタンの長押し

    さらにそれでも、ダメな場合。
    セットトップボックス自体の寿命の可能性があります。
    加入しているサービスに連絡しましょう。

    【かなり手間…】結構多いアンテナの不具合と原因

    まずチャンネル設定からテレビのアンテナレベルを確認し「強すぎる」と出れば、前述のアッテネーターをオンにしましょう。

    アンテナレベルが「弱い」ならば、後述のブースターの取付けが必要です。

    しかし、ブースターを取り付ける前に「アンテナの向きや障害物」を確かめましょう。
    アンテナの不具合を確かめなければ、いくらブースターを取り付けても無駄になってしまいます…。

    アンテナの向き、障害物を確認

    アンテナは向きが変わったり、電波の入り方が変わるとテレビが映らなくなります。
    アンテナの向きが変わるのは台風や強風などの災害時が多いので、台風が去った後はアンテナの向きを疑いましょう。

    アンテナの向きを変えればテレビは映るようになりますが…、たいていのアンテナは屋根の上やベランダに取り付けられ作業が大変危険です。

    アンテナの向きや障害物の有無は業者を呼ぶ判断基準にもなるので、確認したら速やかにアンテナ修理業者に連絡しましょう。

    もしも、以前家を撮影した写真や動画があればそれを頼りに向きが変わっていないか確認しましょう。

    また、一般社団法人放送サービス高度化推進協会ではアンテナの向きが検索できます。
    電波塔が検索できるのでその方角に合わせてアンテナンの向きを変えましょう
    参考:一般社団法人放送サービス高度化推進協会

    向きが変わっていない場合、アンテナの近くに障害物がないか確認しましょう。
    木の枝がアンテナの付近にかかっていないか?逆に最近建物の取り壊しがなかったか?

    電波が入りにくくなったり、建物の取り壊しで電波の入り方が変わったりする可能性もあります。

    障害物の撤去やアンテナの微調整を業者にお願いしましょう。

    テレビアンテナは火災保険で直せる!

    アンテナの不具合は台風、雷や大雪など災害時によくおきます。
    そのため、火災保険に加入していればアンテナの修理が火災保険で補償されるかもしれません。
    火災保険では火災はもちろん、台風などの水災による被害を保証しています。
    そのため、加入している保険によってはアンテナ修理大代全額修理費用を負担してくれるかもしれないんです。
    「対応損害額(フランチャイズ方式)」では、損害賠償20万円以上の場合は自己負担なし。
    「免責金額(エクセス方式)」では、免責金額に応じて残りの修理費用を保険会社が負担します。

    まずは保険会社に連絡、次に業者に見積りを依頼してください。
    その後は保険会社の指示に従い、書類の提出や修理の日程などをご相談ください。

    アンテナの修理なら【アンテナ工事駆けつけ隊】におまかせ!

    【アンテナ工事駆けつけ隊】はアンテナに関する修理が専門のアンテナの修理業者です。
    アンテナ修理、アンテナのズレの修正は8,000円から対応します。
    「でも、アンテナの向きを変えるぐらいで人を呼ぶのは…」という声も聞きますが、アンテナの調節は1度でも角度がズレる映りません。
    【アンテナ工事駆けつけ隊】なら再びアンテナがズレないようにプロが作業し、8年間の保証もいたしますので、まずはお気軽にご相談ください。

    アンテナがズレた、テレビが映らない
    E202のトラブルは【アンテナ工事駆けつけ隊】ですぐに解決!

    (バナー)

    【時間や費用がかかる】その他の対処法と原因

    【時間や費用がかかる対処法】
    • テレビ、アンテナケーブルの不調
    • ブルーレイレコーダーなど接続機器を増設した
    • 悪天候が収まるまで待つ
    • ブースターの設置や不具合を確認

    「テレビも再起動して、ケーブルも確認した…アンテナにも心当たりがない」
    となると、原因の特定が難しかったり、新たなに機械や設備を買い足す必要があります。

    テレビ、アンテナケーブルの不調

    例えば長年テレビやケーブルを使い続けていると劣化による不調がおきます。
    新しい物に取り換えましょう。

    また、最近アンテナケーブルを新しくしませんでしたか?
    アンテナケーブルは長すぎると電波が弱まります。
    ケーブルを取り換えましょう。

    ブルーレイレコーダーなど接続機器を増設した

    「配線が違う、接続機器が壊れている、電波が弱くなった」などです。
    アンテナケーブルとテレビの間に接続機器を増設した場合。
    電波が弱くなり、テレビが視聴できなくなることがあります。

    一度、接続機器をすべて外してみましょう。
    問題なくテレビが映れば原因は接続機器にあります。

    原因の究明はひとりでもおこなえますが、難しいようならお近くのアンテナ修理業者に依頼しましょう。

    悪天候が収まるまで待つ

    アンテナの不具合は、台風、雷、雨などの災害時によく起きます。
    理由はアンテナの向きが変わった、障害物が飛んできたなどです。
    どちらも悪天候の中での作業は危険です。

    すぐに対処できないので、天候が回復するまで待ちましょう。

    ブースターの設置や不具合を確認

    ブースターとは、電波が弱い時に電波の力を強くする「増幅器」のことです。

    ブースターには屋外に設置する「屋外用」と家庭用コンセントで使える「屋内用」があります。

    屋外用は屋根の上や屋根裏など、設置はプロでないと難しいのでまずは家庭用ブースターで試してみましょう。

    すでに設置している場合、家庭用(コンセント)ブースターの不具合は無いか?

    「すでに家庭用のブースターを設置している」というご家庭もあるかと思います。
    家庭用ブースターはテレビの裏などに設置され、テレビから近いコンセントの近くに挿してあるはずです。

    この家庭用ブースターもほかの接続機器同様、配線がゆるんでいたり、コンセントが抜けているとテレビが映りません。

    なにかの拍子にゆるんだり、抜けていないか確認しましょう。

    屋外用ブースターはどこにあるの?不具合は自分で対処できる?

    「以前電気屋さんにブースターを取り付けてもらったけど、どこにあるかわからない…」 という場合。
    ブースターは通常、屋根の上のアンテナ部分やアンテナ直下の屋根裏に設置されています。

    もしも、以前ブースターを取り付けてもらったのであれば、そのブースターがなんらかの原因で故障、劣化して電波が弱くなっているのかもしれません。

    劣化などの不具合があるのなら、ブースターを取り変えなくてはなりませんが…。
    作業は危険なためプロに任せたほうが良いでしょう。

    【アンテナ工事駆けつけ隊】はブースターの設置もお任せ!

    エラーコードE202が表示される原因まとめ

    ここまでは、自分でできる対処法や原因の究明方法をご紹介してきました。
    ここからは「なぜ、E202は表示されたのか?」原因を解説します。

    いくつかの原因についてはすでに上で説明していますが、この章ではより詳しく解説しているので気になる方は最後まで読んでください。

    テレビや自宅のアンテナが原因「内的要因」

    原因が自宅にある、内的要因は先の章でも触れてきました。
    外的要因に比べ解決が容易で、中には自分で不具合を直せるものもあります。

    エラー202が発生する【内的要因】
    • テレビや配線などの不具合、不調
      配線が抜けている、経年劣化、誤作動
    • チャンネル設定
      引っ越し、テレビ買い替え後に多い。誤って設定を初期化してしまった場合もある
    • アンテナやブースターの不具合、不調
      配線が抜けている、経年劣化、台風などの災害によるもの
    • B-CASカードやセットトップボックス(チューナー)の不具合、不調
      衛星放送加入者限定、B-CASカードの接触不良、セットトップボックスの劣化や配線が抜けているなどの不具合

    家の外、地域全体が原因の「外的要因」

    外的要因は自分では解決が難しいものばかりです。
    詳しく説明しますね。

    エラー202が発生する【外的要因】
    • 地域全体の電波障害
    • 台風や雪などの悪天候
    • 放送休止中(E203)

    地域全体の電波障害

    「電波が届きにくい山間部で使われるギャップフィラー(電波を届ける中継設備のようなもの)が故障した、低空飛行の飛行機やヘリコプターなどの電波がテレビの電波を妨害する」など。
    山間部や近くに離着陸場があるなど、原因はさまざまですが個人宅だけではなく地域全体でテレビが映らないケースです。

    原因は他にもありますが電波障害が発生した場合には、自治体などで発表があるかもしれません。

    まず、自治体などのホームページを確認。
    次に、テレビが見えないのが自宅だけではないかどうか?をご近所に確認しましょう。

    地域一帯のテレビが見えなくなった、電波障害に改善の兆しがないのであれば自治体や総務省の総合通信局窓口などに相談しましょう。

    台風や雪などの悪天候

    台風、雷や雪などの悪天候のときには、放送電波が受信しづらくなります。
    また、「アンテナの部品やブースターの内部が水濡れによって雨の日だけ見づらくなる」といったケースもあるようです。

    悪天候が収まり次第、修理業者に連絡しましょう。

    また、「NHKのBSを見ていたら画質が悪くなった、降雨対応放送(E201)という文字が表示された」という場合。
    降雨対応放送(E201)とは、悪天候でアンテナレベルが低下したときも視聴ができるように画質や音質をさげて放送する仕組みのことです。

    降雨対応放送の判断はNHKのBSが独自に判断しておこなうため、利用者がアンテナレベルをいじっても、アンテナの向きを変えても戻ることはありません。

    降雨対応放送が解除されるまで待ちましょう。

    放送休止中(E203)

    放送局が放送をしていないときに表示されるメッセージです。
    しかし、まれに本来アンテナやテレビのトラブルであるにも関わらずテレビに「放送休止中、E203」が表示されることがあります。

    まずは、テレビリモコンの番組表やチャンネルガイドのテレビ欄。
    または、放送局公式ホームページなどで放送状況を確認しましょう。

    もしも、放送休止中ではないのに「放送休止中、E203」が表示される場合。
    直し方は「【お手軽】テレビの不具合や設定ならすぐ直る!原因と解決策」などで紹介した、対処と同じです。

    一度試してみましょう。

    症状別でテレビの不具合を確認!

    最後にエラーコードE202以外のトラブルをまとめました。

    前日までは見えていなのにテレビが映らない!?

    「テレビの故障やアンテナの向きが風で変わった」などが考えられます。
    テレビを再起動してみましょう。

    台風や強風の翌日はアンテナの向きを調べてみましょう。

    エラーコードが出てきた。よく表示されるエラーコード一覧

    よく表示されるエラーコード
    エラーコード 原因 主な解決方法
    E201 降雨対応放送、低階層映像 天候回復をまとう
    E202 信号が受信できていない アンテナやテレビの様子を確認
    E203 放送休止中 別のチャンネルを見よう
    E209 BS、CSの電波が受信できていない 衛星アンテナに問題あり

    アンテナの確認や調節など、個人の対応では難しい場合があります…。
    テレビの再起動など手軽に試せるものを試しても解決しなければ、お近くの修理業者に連絡しましょう。

    画面が真っ暗…もしくは音だけは聞こえる

    配線がゆるんでいると映像だけうまく映らない、テレビの誤作動を起こしていると映像が上手く映らない場合があります。
    まずは手軽に試せる、配線のチェックとテレビの再起動をおこないましょう。

    それでも直らない場合は、故障の可能性があります。
    自宅の他のテレビは映っているか?アンテナケーブルをほかのテレビに挿したら映るか?を確認しトラブルの原因が「テレビにあるか?アンテナにあるか?アンテナケーブルにあるか?」を確かめましょう。

    原因の究明が難しい場合は、修理業者にお願いしましょう。

    一部チャンネルだけ映らない?

    テレビとアンテナケーブルの間に分配機やブルーレイレコーダーなどの接続機器があると電波が弱くなります。
    接続機器を挟んだままだとノイズが混じり特定のチャンネルが映らない場合があるんです…。
    接続機器を取り外してみましょう。

    また、アンテナはさまざまな送信所から送られるため送信所の場所によっては一部のチャンネルだけが映りづらいかも知れません。
    まずはチャンネル設定からアンテナレベルを確認。
    アンテナの向きなどを確認しましょう。

    ちなみに、BSやCSの衛星放送だけが映らない場合。
    セットトップボックスやB-CASカードの接触不良、アンテナの故障などが疑われます。

    接触不良は自分で対応できるので、一度確認してみましょう。
    アンテナの故障はお近くの修理業者に依頼しましょう。

    早めに【アンテナ工事駆けつけ隊】に連絡するメリット

    テレビが映らない原因はたくさんあります。
    テレビ本体の不具合、アンテナケーブルの不具合、アンテナの故障などなど…。

    家電に強い方ならすぐに解決できますが、「配線が戻せるか不安…、部品の名前を言われてもわからない」という方も多いかと思います。
    不安を感じたら、お気軽【アンテナ工事駆けつけ隊】にお電話ください。

    テレビのトラブルは再発することが多い…なら早めの対策しよう

    家庭によっては「雨の日だけテレビが映りづらい」というお話を聞きます。
    悪天候のときは電波が受信しづらい、または雨の日にアンテナやブースターなどの部品に水が入り見づらくなるのが原因です。

    上記のような雨のトラブルは雨が降り続ける限り、再発します。
    異変に気が付いたら早めに対処し、快適にテレビを視聴しましょう。

    アンテナの修理ならば火災保険で直せるので、まずは見積りや現地調査を依頼しましょう。

    ちなみに【アンテナ工事駆けつけ隊】なら、見積り無料、24時間365日受け付けです。
    BSやCSのご家庭の依頼も受け付け、電波の強さやブースターの増設、配線工事やチャンネル設定などお気軽にご連絡ください!

    アンテナがズレた、テレビが映らない
    E202のトラブルは【アンテナ工事駆けつけ隊】ですぐに解決!

    (バナー)

    まとめ

    エラーコードE202は、テレビの再起動など手軽に試せる対処法から、ひとりでの対応は難しいアンテナ調整までさまざまです。
    まずは、手軽に試せる方法を試し、それでも直らなかったらお近くのアンテナ修理業者に連絡してください。

    早めにテレビを直して、快適なテレビライフを楽しんでくださいね!