地デジ・BSテレビアンテナ工事【料金満足度No.1】日本全国対応!アンテナ工事駆けつけ隊

【室内アンテナの選び方】テレビアンテナを室内に設置して受信できる?ブースターはある?利得ってなに? 疑問を解消!

2021.08.27

「テレビが見たいけど、アンテナ工事は面倒。できるだけコストは下げたい」なら、室内アンテナがピッタリです。

室内アンテナとは、室内に設置するだけで地デジが見られるアンテナのことです。
通常のアンテナ設置費用よりもぐっと価格がおさえられ、コンパクトでどこででも使えるなどのメリットが盛りだくさんです。

しかし、メリットがあれば同じようにデメリットもあります。
そこで、室内アンテナのメリットデメリットから選び方、おすすめアンテナまでご紹介します
気軽に室内アンテナを設置して、楽しいテレビライフを楽しんでください!

ただし、室内アンテナは電波の弱い地域では使えません
現在お住まいの地域の電波が弱い、自分の住んでいる地域の電波の強さが分からないならお気軽に【アンテナ工事駆けつけ隊】にご連絡ください。

あなたのお住まいに適したアンテナをご提案します。
室内用アンテナがいいか?屋外用アンテナがいいか?
迷っているなら【アンテナ工事駆けつけ隊】にご相談ください!

目次

    1. 室内アンテナのメリット

    • 工事費0円!月額使用料ナシ!で安い
    • 面倒な申し込みや工事もなし、テレビ1台あればすぐ映る
    • 外観を損なわず、インテリアのような見た目
    • コンパクトでどこででも使える

    工事費0円!月額使用料ナシ!で安い

    自宅で地デジを見るには、大きく分けて3つの方法があります。
    それは「テレビアンテナの設置、光回線=インターネットで見る、ケーブルテレビ」です。

    どの方法もテレビを見るためにアンテナを立てたり、ケーブルを引いたりと工事が必要。
    そのため工事費用がかかります

    さらに光回線とケーブルテレビは衛星放送(BS・CS)が視聴できる代わりに、月額料金がかかります…

    ですが、室内用アンテナの場合月額料金はかからず、工事費用はなし
    「たまにテレビを見るかな」という方にピッタリですね!

    地デジのみを視聴するときにかかる費用の目安
    方法 工事費用(税抜) 月額料金(税抜)
    テレビアンテナ設置 15,000円~
    (アンテナの種類によって異なる)
    なし(NHK受信料は除く)
    光回線
    (フレッツ光のひかりTV)
    8,360円~19,800円 1,100円~3,850円
    ケーブルテレビ(J:com) 36,000円 3,680円~
    室内用アンテナ (購入費)2,000~8,000円 なし(NHK受信料は除く)

    ※参照
    フレッツ光 料金
    フレッツ光 交通費について
    J:com
    (最終閲覧日2021年2月4日)

    面倒な申し込みや工事もなし、配線が簡単

    室内アンテナはネット通販を始め家電量販店などで気軽に購入できます。
    購入の際には、登録などの手続きは不要。

    難しい配線はなく、電源コンセントにつなぎテレビやパソコンにつなげばすぐに地デジが視聴できます。
    さらに、室内用アンテナはテレビチューナー付きならスマホ、パソコンやカーナビでも利用できます

    外観を損なわず、インテリアのような見た目

    室内アンテナのデザインはさまざまです。
    写真のように丸いデザイン、箱型や窓ガラスに張り付けても目立たないタイプなど。

    室内においてもインテリアのようにオシャレなものばかりです。
    家の中に置くので外観を損なうこともなく、見た目を気にする方におすすめです。

    コンパクトでどこででも使える

    室内用と屋外用のアンテナの大きな違いは性能です。
    大きな屋外用アンテナの方が、より多くの電波が拾えるため優秀なアンテナといえるでしょう。

    しかし、屋外用のアンテナは大きくて工事が必要。
    一度工事をおこなえば、あとで位置を変えるのはちょっと面倒です…。

    室内用アンテナは30㎝ほどの大きさで、電源さえあればどこででも使えます。

    そのためキャンピングカーに大きなテレビを積んで、キャンプ場での利用。
    外出先でパソコンやカーナビをつないで、現在放送中の番組を視聴することもできるんですね。

    2. 室内アンテナのデメリット

    電波を拾う力が弱いため電波が入らない地域がある
    鉄筋コンクリートなど電波が入りにくい建物がある

    電波を拾う力が弱いため電波が入らない地域がある。電界地域とは?

    室内アンテナは、電波を拾う力が弱いため電波が強い地域(強電界地域)でしか使えません。
    電波が強い地域とは、電波塔(テレビ塔)から近い地域のことです。

    電波の受信性能

    地デジの電波は電波塔から送信され、電波塔から近いほど電波が強くなります。
    電波塔に近く、電波の強い地域のことを「強電界地域」と呼びます。
    反対に電波塔から離れた電波の弱い地域は「弱電界地域」と呼びます。

    室内アンテナは電波を拾う力が弱いため、電波塔の近くなど電波が強い地域でしか使えないんです。

    もしもご自宅が電波の弱い地域(弱電界地域)なら、室内アンテナは使えないかもしれません…。

    電界地域の目安としては自宅から電波塔が見えるかどうか?です。
    また、一般社団法人放送サービス高度化推進協会のサイトでは周囲の電波塔が検索できます。
    参照:一般社団法人放送サービス高度化推進協会
    (最終閲覧日2021年2月4日)

    より詳しく知りたい場合には、アンテナ業者などにご相談ください。

    鉄筋コンクリートなど電波が入りにくい建物がある

    電波塔から送信された電波は、ガラス、紙や木などたいていのものをすり抜けて自宅に届きます。

    しかし、金属は電波を跳ね返すため鉄筋コンクリート造の建物に住んでいる場合、電波が入りづらくなるんです…。

    また、自分が住んでいる地域が電波の強い強電界地域であっても、周りが鉄筋コンクリート造の建物に囲まれていた場合。
    電波を拾う力が弱い、室内アンテナではうまく電波が拾えないかもしれません。

    屋外用のアンテナなら、屋根の上に設置して電波を拾いやすくするなどの対策が取れますが、室内用ではそれは難しいでしょう。

    室内用アンテナを設置してもテレビが見えない場合は、屋外用のアンテナの設置を検討しましょう。

    室内用アンテナがいいか?屋外用アンテナがいいか?
    迷っているなら【アンテナ工事駆けつけ隊】にご相談ください!

    3. 室内アンテナの選び方

    室内アンテナを選ぶコツは「性能が高く、電波をよりよく受信できるかどうか?」です。
    さらにブースター(増幅器)もあれば、さらによいでしょう。

    でも具体的に何を見ればよいのか?チェック方法を解説します。

    動作利得=電波の受信感度をチェック

    室内アンテナのパッケージの裏やネット通販の製品説明の欄に「×dB」と数字が記載されています。
    お住まいの地域が電波の強い強電界地域なら、この数字が「1.5~4.3dB」と記載されている製品が使えます。

    「dB(デシベル)」は音のイメージが強いですが、アンテナの場合「電波の動作利得」を示す単位です。

    動作利得とは、「電波をどれだけ受信できるか?」ということ。
    この数字が大きければ大きいほど高性能なアンテナと言われます。

    では「この数字が多ければ多いほど良いアンテナか?」というと少し違います。

    動作利得が高いアンテナほど、屋外用の大きなアンテナになるからです。
    大きなアンテナを設置するには工事が必要になるため「コンパクト、どこでも使える、工事費が不要」など室内アンテナのメリットと離れてしまいます。

    アンテナは地域に合わせたものを使うと良いでしょう。

    【強電界地域】
    1.5 dB以上

    【中電界地域】
    5.5dB以上

    【弱電界地域】
    7.8 dB以上

    ※参照:マスプロ電工 2020年総合カタログ
    (最終閲覧日2021年2月4日)

    素子が多いほど性能が高い

    室内アンテナのパッケージの裏やネット通販の製品説明の欄に「×素子」と数字が記載されています。
    お住まいの地域が電波の強い強電界地域なら、「4~8素子アンテナ」と記載されていれば室内で使えます

    素子(エレメント)とは、テレビアンテナの場合「電波の拾いやすさ」をさします。
    この素子の数が多ければ、多いほど「高性能なアンテナ」と言われています。

    ただし、素子数も動作利得と同じく大きなアンテナとなると、屋外用がほとんどで設置には工事が必要です。

    強電界地域なら素子が少なくても利用できるので、それぞれの地域に合わせたアンテナを使いましょう。

    【強電界地域】
    4素子以上

    【中電界地域】
    14素子以上

    【弱電界地域】
    20素子以上

    参考: DXアンテナ株式会社
    (最終閲覧日2021年2月4日)

    素子数か動作利得しか書いていない製品もありますがどちらかが先に紹介した数字よりも大きければ利用できます。

    素子も動作利得もなかったら、電界地域かどうかをチェック

    素子数も動作利得も書かれていなかったら、パッケージや説明書に書かれている電界地域を目安に選びましょう。

    室内用のアンテナなら「強電界地域用、80dBμv/mで使用」と書かれていれば使えます。
    強電界地域は電波塔が近くにあるかどうか?で確かめられますよ!

    「電界強度」

    【強電界地域】
    80dBμv/m
    【中電界地域】
    70dBμv/m
    【弱電界地域】
    60dBμv/m

    マスプロアンテナ参照
    (最終閲覧日2021年2月4日)

    ブースター(増幅器)付きかどうか?

    テレビをつけてブロックノイズが多い、もしくは「電波が受信できません(E202)」と出た場合、電波が弱いのかもしれません。

    そういう時に役立つのがブースターです。
    ブースターとは電波を強める増幅器のことで、室内アンテナにこれが付いていると電波を強めることができます。

    電波はアンテナケーブルが長いと弱まったり、電波の障害物が多いと弱まったりといろいろ影響を受けます。

    そのため、ブースターがあるとテレビがキレイに見えます。

    カタログに書いてある水平と垂直って何?

    室内アンテナのカタログを見ていると「水平用、垂直用」といった文字があります。
    これは電波の種類をさし、室内アンテナの場合はどちらも対応している製品が多いので特に気にしなくても問題ありません。

    稀に電波の向きが指定された室内用アンテナがありますが、その時は「室内アンテナが映らない!考えられる原因と対処法」を参考に選んでください。

    4. こんな室内アンテナが欲しかった!タイプ別でおすすめアンテナ5選

    2021年2月4日現在、ネット通販サイトの楽天で購入できる室内アンテナをご紹介します。

    目立たないほうがいい、小さいほうがいいなど、さまざま特徴のアンテナを5つ紹介します。

    目立たないペーパーアンテナが欲しい

    ペーパーアンテナとは、壁や窓ガラスに張り付けて使うアンテナのことです。
    1byoneのアンテナの重さは200g、厚み0.7mmととても薄いアンテナなんです。

    ブースターも内蔵で弱い電波でもしっかりキャッチします。
    動作利得は28dBです。

    ブースター内臓の置き型タイプが欲しい

    ブースターを使ったブースター利得を含め15~20dBの強力な室内アンテナです。
    大きさは20.5×8.5×8.5㎝(高さ×奥行×横幅)、大体500mlのペットボトルと同じぐらいの高さです。

    小型で室内でも室外でも使えるタイプがいい

    DXアンテナから出ているこちらのタイプは、防雨構造でベランダなどの屋外に設置ができます。
    室内に置いたけど、若干電波が足りない…。そんな時でも使えます。

    本体のみの大きさは5.7×12.6×30.7㎝ (高さ×奥行×横幅)。
    A4のコピー用紙(29.7×21㎝)を置ける場所があれば設置できます。

    そのため室内においても、邪魔になりません。
    アンテナの素子数は4~5素子ほどです。

    室内アンテナと分かりにくいオシャレなデザインがいい

    一見電化製品に見えない形の室内アンテナです。
    大きさは16.7×9×25㎝ (高さ×奥行×横幅)と週刊漫画雑誌(18.2×25.7㎝)と同じぐらいの大きさです。

    獲得利得は13~20dBです。

    できるだけ小さなタイプがいい

    デラックスアンテナのデジキャッチミニは名前のとおり小型の室内アンテナです。
    大きさは12.2×10×10㎝(高さ×奥行×横幅)、高さ13㎝を超えるiPhone7~10よりも小さなサイズなんです。

    素子数、動作利得ともに記載はありませんが「電界強度が80 dBμv/m以上の地域なら使える」とのことです。

    目視で電波塔が見えれば、このアンテナが利用できます。

    5. 室内用アンテナと屋外用アンテナの違いって何?

    先ほど少し、「素子数や動作利得は屋外用の方が高性能」と言いました。
    では、ほかに違いはあるのか?性能も含めてまとめました。

    見た目と設置場所に伴う事故や劣化

    屋外用のアンテナは屋根の上に設置する、大きなものがほとんどです。
    アンテナの性能は高いもののトゲトゲした見た目の「八木式アンテナ」を嫌がる方も多いようですね…。

    また、屋外用アンテナは屋根の上などに設置するため台風や雪で落下する恐れがあります。
    当然、雨水によってサビるなどの劣化も考えられます。

    しかし、室内アンテナは部屋の中に設置するので落下や風雨による劣化の心配がいりません。
    台風や雪が多い地域なら、屋内用アンテナの方が安心できますね。

    性能は屋外アンテナの方が高い

    先の章で少しだけ触れましたが、アンテナの性能を表すのは「素子数と動作利得(dB)」です。

    室内アンテナと屋外アンテナを比べると、素子数と動作利得ともに屋外アンテナの方が上。
    屋根の上に設置するので、広範囲の電波を拾えさらに性能も高まります。

    防雨があるかどうか?

    屋外用のアンテナは、雨風の影響を考えて加工や設計がなされています。

    しかし室内用や卓上用と書かれたアンテナには「防水加工や防雨加工」がされておらず、水に弱い場合があります

    防雨加工がなされていれば「屋外でも使える」など、の記載があります。
    ない場合は説明書に記載されているので、確認しましょう。

    屋外アンテナなどアンテナについてより詳しく知りたい方は、「テレビアンテナの工事費用はいくら?テレビアンテナは自分で設置できる?アンテナの選び方から配線方法まで完全説明」をご覧ください。
    より詳しく解説しています。

    6. 室内アンテナが映らない!考えられる原因と対処法

    「室内アンテナを使ってもまだテレビが映らない、ブロックノイズが走り、音が飛び飛びになる…」
    そういった場合に使える対処法をまとめました。

    水平と垂直でアンテナの向きが違う

    室内アンテナの向きや角度を変えるとその電波が拾えることがあります。
    例えばマスプロ電工の「家庭用UHF卓上アンテナUTA2」の場合。
    縦置きから横置き、横置きから縦置きに変えると電波が拾えるかもしれません。

    テレビ放送の電波は、地面対して水平に電波を送る「水平偏波」と地面に対して垂直に電波を送る「垂直偏波」があります

    これは電波の混信を避けるためで、地域によって異なります。
    アンテナの中には「水平か垂直のどちらかにしか対応していない」製品もあり、室内アンテナの場合たいていはどちらでも使えるのですが、中には向きが違うと使えないものもあります。

    水平と垂直の違いを分かりやすくトゲトゲの八木式アンテナで説明します。
    八木式アンテナは横棒で電波を拾うため、横棒を水平にしたり、垂直にしたり調整が必要なんです。

    水平偏波と垂直偏波の解説

    お住まいの地域がどちらか知りたいのなら、まず自分の住んでいる地域がどの電波塔から電波が来ているか確認しましょう。
    参照:一般社団法人放送サービス高度化推進協会
    (最終閲覧日2021年2月4日)

    次に、その電波塔の向きを調べます。
    参照:総務省
    (最終閲覧日2021年2月4日)

    電波が入りづらい場所に置いている

    電波が入りやすいのは窓際です。
    もしも、室内アンテナを部屋の真ん中や窓のない部屋の隅に置いているのなら、窓際に移動させてください。

    しかし、窓ガラスに防火用の鉄網が入っている場合。
    鉄は電波を跳ね返すため、電波が入りづらくなっているのでそれ以外の窓や扉の近くに設置してください。

    強電界地域ではない、障害物が多い

    そもそも強電界地域ではなかった、家が鉄筋コンクリート造のビルに囲まれているなどなかなか対処が難しい場合です…。

    電波を拾う力が弱い室内アンテナでは、テレビは映らないかもしれません。
    より電波が拾える屋外用アンテナの設置、電波以外のケーブルテレビなどを検討しましょう。

    7. 室内用、屋外用アンテナでお困りなら【アンテナ工事駆けつけ隊】にお気軽にご相談ください

    「テレビの映りがなぜか悪い」「室内アンテナを取り付けたけど改善されない」「室内アンテナが良いか、屋外アンテナがいいか迷っている」

    テレビの映りが悪くて困っているのなら、お気軽に【アンテナ工事駆けつけ隊】へご連絡ください。

    【アンテナ工事駆けつけ隊】は24時間365日受付、仕事が終わった夜や電波の映りが悪いと感じた早朝でもご依頼を受け付けています。

    また、アンテナの設置は30分~2時間ほどで終わります。
    価格も地デジ、BSアンテナ共に15,000円から取り付けられます。

    配線やチャンネル設定などちょっと面倒なテレビの設定もあわせて行います。
    まずはお気軽にご相談ください。

    室内用アンテナがいいか?屋外用アンテナがいいか?
    迷っているなら【アンテナ工事駆けつけ隊】にご相談ください!

    8. 【番外編】アンテナなしでテレビを見るには?

    ケーブルテレビか光回線に加入

    ケーブルテレビとは、名前のとおり電波ではなく「ケーブル線」でテレビが見られる方法です。
    光回線とは、インターネットの種類で光回線に加入すると「ひかりTV」が利用できます。

    ケーブルテレビも光回線もどちらもアンテナではなく、ケーブルを使って電波を家まで届けます。
    そのため、屋外にテレビアンテナをつけなくてもテレビが視聴できるようになるんです。

    詳しくはこちらの「テレビアンテナなし/端子不要で視聴する方法|ケーブルテレビや室内用アンテナ設置!工事費かかるがアンテナ取り付けが最安?」を参考にしてください。

    パソコン・スマホやタブレットでテレビを見る方法

    「そもそもテレビもテレビ用アンテナもない。けど、テレビ番組がどうしても見たい!」そんな方に向けて、いくつか方法をまとめました。

    ワンセグ・フルセグ

    ワンセグ・フルセグとは、簡単にいうと「スマホでテレビが見られる機能」のことです。
    スマホだけでなく、パソコンやタブレットでも同様の機能は楽しめます。

    ワンセグ・フルセグは地上デジタル放送の電波を拾って視聴するため、視聴料がかからず電波さえ入ればどこででも視聴できます

    ワンセグ・フルセグ機能はAndroidスマホの一部の機種に搭載されています。
    ワンセグ・フルセグ機能がないiPhoneのような機種でも専用チューナーや周辺機器を購入すればスマホでテレビが楽しめます。

    ただし固定されているアンテナと違いワンセグ・フルセグの映像は乱れやすく、電波の弱い弱電界地域では使えないかもしれません

    動画配信サービス(VOD)

    ネットフリックスやAmazonプライムビデオに代表される「好きな時に動画が楽しめるサービス」です。

    動画配信サービスはインターネット回線を使って動画を視聴します。
    そのため、電波の強さは関係ありません。

    ワンセグ・フルセグとの違いは「リアルタイムの地上デジタル放送が見えないところ」
    動画配信サービスはYouTubeのように、アップされた動画を選んでみるのが基本なため基本的に放送が終わった番組しか視聴できないんです。

    そのかわりCS放送のように古い映画やアニメなどがたくさん視聴でき、現在放送中の番組の見逃し配信がおこなわれています。

    また、動画配信サービスは有料サービスのため、月額1,000円~2,000円程度の料金がかかります。
    ワンセグ・フルセグとは違い無料ではないので注意してくださいね。

    9. まとめ

    室内アンテナはコンパクトでどこででも利用ができます。
    工事不要でお手軽で使えて、便利ですね!

    しかし、室内アンテナは電波を拾う力が弱いため電波の弱い地域では使えません。
    もしも、お住まいの地域の電波が弱い「弱電界地域」だった場合。
    自分の住んでいる地域の電波が強いのか、弱いのか見当がつかない場合。

    お気軽に【アンテナかけつけ隊】にご連絡ください。
    あなたのご自宅にあったアンテナをご提案します。

    室内用アンテナがいいか?屋外用アンテナがいいか?
    迷っているなら【アンテナ工事駆けつけ隊】にご相談ください!