地デジ・BSテレビアンテナ工事【料金満足度No.1】日本全国対応!アンテナ工事駆けつけ隊

テレビに分波器は必要なの?分配器との違いって何?BS放送を見るとき同軸ケーブルは何本いる?わかりやすく説明します!

2021.08.27

分波器は「衛星放送(BS・CS)を見るときに使う装置」です。
そのため、地デジしか見ない、BSアンテナが自宅にないのであれば必要ありません。

一方、分配器は地デジ、衛星放送に限らず「テレビを増設するときに必要」です。
分波器と分配器は名前が似ているため、ややこしいですよね。
そこで!この記事では、分波器と分配器の違いや分波器の使い方、価格や選び方などをぎゅっと1ページにまとめました!

家電が苦手な方にもわかりやすく易しく説明しているので、ぜひ参考にしてください。

また、「衛星放送が見たくて調べているのだけど、見るには分波器のほかに何が必要?」という方にはこちらでも解説していますが、まずBSアンテナが必要です。

BSアンテナの取り付けは【アンテナ工事駆けつけ隊】なら、24時間365日対応。

見積もり無料、衛星放送のテレビの増設も承っています。
BSアンテナを設置してほしい、テレビの配線、増設で困っているなら、【アンテナ工事駆けつけ隊】におまかせください!

BSアンテナの設置、テレビの増設、配線工事
まとめて【アンテナ工事駆けつけ隊】におまかせください!

目次

    分波器と分配器の違い

    分波器は「電波の種類を分ける装置」
    衛星放送(BS・CS)を見るのに必要な装置。なくても地デジは見える

    分配器は「電波を均等に分ける装置」
    テレビの増設するときに使う

    解説の前に、テレビの仕組みを確認しましょう。
    テレビの仕組みは「アンテナが電波を受信→ケーブルでテレビへ送信」というシンプルな仕組みです。p> テレビの仕組み

    これは地デジアンテナだけでも、地デジと衛星放送(BS・CS)のアンテナ2本たっていても同じです。

    図を見ると「アンテナは2本あるのに、壁の端子から伸びているケーブルは1本だけ」「ケーブル同士が交わっている部分」がありますね。

    この部分に関係するのが「分波器と分配器」です。

    分波器とは「電波の種類を分ける装置」

    分波器とは

    先ほどの図で「壁のアンテナ端子から伸びているケーブルが1本だけ」だったのは、地デジと衛星放送(BS・CS)の電波が一緒になっていたからです。

    この混ざった電波を分けるのが「分波器」です。
    分波器は衛星放送を視聴するなら、必ずと言っていいほど必要なものです。
    とはいえ不要なケースもありますが、それは次の章で解説します。

    分配器とは「電波を均等に分ける装置」

    分配器とは

    分配器はひとつのテレビアンテナで受信した電波を「複数のテレビに均等に分ける装置」です。

    分波器は地デジと衛星放送の電波の種類を分けていましたが、分配器は電波の種類に関係なく量を均等に分けます。

    例えば上の図のように分配器だけならば、3台とも地デジしか映らないんですね。

    主に「テレビの増設」のときに使い、分波器と組み合わせれば衛星放送(BS・CS)のテレビも増設できます。

    分配器については「テレビで使う分配器と分波器の違いは?ブースターや同軸ケーブルはいる?BS・CSは増設できる?全部わかりやすく解説します!」で解説しているので、こちらを参考にしてください。

    [おまけ]分岐器とは「電波を出力と分岐に分ける」

    分岐器は大きなビルやケーブルテレビ会社などで使うため、一般家庭ではまず使いません。

    ただ、名前が似ているため混同しやすいので合わせて解説しますね。

    分岐器とは

    機能は先に紹介した「分配器」に似ていますが、電波の分け方が少し違います。

    分岐器はビルなど大きな建物のテレビに等しい電波を送れるよう必要な分の信号だけを取り出す装置です。

    先ほどの分配器はすべてのテレビに同じ量だけの電波を分けていました。
    そのため、テレビが増えれば増えるほどテレビ1台分の電波が弱くなります。

    それに対し、分岐器は各テレビに必要な電波だけを送るのでテレビの台数が増えても映りが悪くなることがないんですね。

    分波器が必要なケース、不要なケース、場合によっては分波器が必要なケース

    分波器は衛星放送(BS・CS)を見るために必要な装置です。
    しかし、「分波器がなくても衛星放送が視聴できる場合」やそもそも分波器がいらないケースもあるんです。

    分波器が必要なケース、不要なケース、場合によっては必要なケースの3つをまとめました。

    分波器が必要なケース

    • テレビのアンテナ端子(テレビ用のコンセント)が1つしかない
    • テレビの増設をして、複数台のテレビで衛星放送(BS・CS)を見るとき

    テレビのアンテナ端子(テレビ用のコンセント)が1つしかない

    テレビのアンテナは「地デジ」と「BSアンテナ」の2本設置しても、テレビのアンテナ端子は1つだけです。

    これは地デジ用と衛星放送用の電波を別々のケーブルで部屋の中に引き込むと配線が多くなるため、混合器という装置を使って電波が同じアンテナ端子から出てくるようになっているんです。

    そのため、電波を分ける分波器が必要です。

    テレビの増設をして、複数台のテレビで衛星放送(BS・CS)を見るとき

    テレビを増設する場合、テレビの数に応じた分波器が必要です。
    例えばテレビ2台なら2つの分波器、5台なら5つの分波器がいります。

    反対に「テレビの増設はしたいが、増設先のテレビは地デジだけで良い」のであれば分波器はいりません。

    次の章で詳しく接続方法や必要なものについて紹介していますので、気になる方はそちらを参考にしてください。

    分波器が不要なケース

    • テレビのアンテナ端子に「地デジ用」「BS/SC」端子がある
    • BSアンテナがない、衛星放送(BS・CS)は見ない
    • BSアンテナしかたっていない

    テレビのアンテナ端子に「地デジ用」「BS/SC」端子がある

    たまに、アンテナ端子が2つあり「地デジ用」「BS/SC」に分かれているご家庭があります。
    この場合は、分波器は必要ありません。

    テレビやブルーレイレコーダーなどの「地デジ用」「BS/SC」の端子に、アンテナケーブルを挿せばそのまま視聴できます。

    BSアンテナがない、衛星放送(BS・CS)は見ない

    自宅にBS用のアンテナがない場合、分波器は必要ありません。
    また、BS用のアンテナが立っていても「地上波しか見ない」のであれば、分波器はいりません。

    BSアンテナしかたっていない

    まれな状況かと思いますが、ご家庭にBSアンテナしか設置していないのであれば、分波器は必要ありません。

    ただし地デジアンテナがなければ、分波器を取り付けても地デジは視聴できません。

    場合によっては分波器が必要なケース

    • ケーブルテレビを見る
    • 光回線のひかりTVでテレビを視聴している

    ケーブルテレビを見る

    ケーブルテレビを見る場合、テレビアンテナは不要です。
    しかし、テレビアンテナの時と同じくテレビのアンテナ端子からケーブルテレビの電波をもらうため分波器が必要です。

    ただし、これはケーブルテレビの放送方式「パススルー方式、トランスモジュレーション方式」か?によります。

    パススルー方式の場合、分波器が必要ですがトランスモジュレーション方式はいりません。
    ケーブルテレビは加入しているケーブルテレビ会社によって放送の方式は異なります。

    そのため、分波器が必要かどうか?はご加入のケーブルテレビ会社などのホームページで確認するか、直接電話などで問い合わせてください。

    光回線のひかりTVでテレビを視聴している

    インターネット回線を使ってテレビを見るひかりTVでテレビを見ている場合。
    お使いの機材によって分波器が必要かどうか?分かれます。

    例えば、ソフトバンク光では分波器が必要です。
    参照:ソフトバンク光
    (最終閲覧日2021年2月19日)

    しかし、フレッツ光の場合はLANケーブルと対応チューナーをつなぐため分波器が必要ないんです。
    参照:フレッツ光 (最終閲覧日2021年2月19日)

    分波器が必要かどうか?はご加入のひかりTV事業者のホームページなどをご確認ください。

    分波器の選び方

    値段

    価格は600~1,500円程度です。
    家電量販店やホームセンターなどで購入できます。

    分波器にはアンテナケーブル一体型のタイプとケーブル別売りのタイプがあります。
    ケーブル一体型のほうが高い傾向にあるため、安い製品は「ケーブルが別売りかどうか?」を確認してから購入してください。

    ちなみに、ケーブル単体の値段は数百円から1,500円程度です。

    ケーブル一体型と別型の特徴

    ケーブル一体型のほうが、アンテナケーブルが抜ける心配がありません。
    その代わり、別売りタイプよりも値段が高めです。

    反対に別売りタイプはアンテナケーブルの長さを自由に調節できますが、どうしても抜けやすくなります。

    「配線に自信がない、どれがよいかわからない」のであれば値段は少し高めですが、接続が少なくて済む「ケーブル一体型」がおすすめです。

    【4K8K放送を見るなら】4K8K対応

    4K8K放送を見るには、対応した分波器が必要です。
    たいていの分波器には「2K、4K、8K」対応と書かれていますが、4K8K放送を見るなら購入前に一度確認しておきましょう。

    デジタル放送対応かどうか?

    おそらくないとは思いますが、10年以上前に作られた分波器の中には「デジタル放送」に対応していないものもあります。

    古い分波器は、メーカーが使用を推奨していないので使用は控えましょう。
    参考:ソニー公式
    (最終閲覧日2021年2月19日)

    場合によってはBS用ブースターも必要

    ブースターとは、電波が弱いときに使う増幅器のことです。
    電波はテレビの増設やテレビアンテナに障害物ができたなど、ちょっとしたきっかけで弱まります。
    そんなときに電波を強めるのが、ブースターです。

    ブースターには屋外用と室内用(家庭用)があり、屋外用の設置は屋根の上や屋根裏など設置がむずかしいことがあります。

    まずは、設置が簡単な室内用のブースターを設置して様子を見ましょう。

    衛星放送(BS・CS)、4K8K放送を見るには?テレビを増設するには?何が必要?

    衛星放送を見るには、分波器のほかにも必要なものがあります。

    そこで、「衛星放送、4K8K放送」を見るのに必要なものをまとめました。

    衛星放送(BS・CS)、4K8K放送を見るために必要なもの

    衛星放送を見るのに必要なもの

    • BSアンテナ(110度BS・CSアンテナ)
    • 対応テレビ
    • 分波器
    • 専用チューナー(セットトップボックス)
    • ※衛星放送を見るときに必要な装置

    4K8Kを見るのに必要なもの

    4K8K放送の場合も衛星放送で必要なものと同じです。
    ただし!4K8K放送場合、「4K8K対応と書かれたアンテナ、テレビ、分波器、チューナー」が必要です。

    また、テレビは「チューナーがいらない4K8K対応テレビ、チューナーが必要な4K8Kテレビ」と2種類があり、4K8K対応テレビならばチューナーはいりません。

    4K8K放送をみる場合、足りないものを新しく購入する際には「4K8Kに対応しているかどうか?」を確認してから購入してください。

    あればよいもの、場合によっては必要なもの

    • BS用ブースター
    • ケーブルモール(ケーブルカバー)など配線を整理するもの

    電波が弱いときには、ブースターを設置します。
    また、配線の整理はテレビを設置、増設したときが整理しやすいので余裕があればおこないましょう。

    ケーブルモールで配線の上にかぶせておくと、見た目にすっきりするだけでなく断線も防げるのでおすすめです。

    【簡単】分波器の取り付け方

    「アンテナケーブル→分波器→テレビ」でつなげば衛星放送(BS・CS)と地上波放送が視聴できます。

    分波器の接続方法
    分配器の接続方法
    1. 壁のアンテナ端子(テレビ用コンセント)にアンテナケーブルを挿す
    2. 壁に挿したアンテナケーブルと分波器を接続
    3. 分波器に接続したアンテナケーブルをテレビに挿せば完了!
    4. 配線のたるみや見た目が気になる方は、必要なケーブルの長さを確認後ケーブルモールなどで配線を整理する。

    衛星放送(BS・CS)の増設 分波器と分配器を使ったテレビの取り付け方

    先ほどの工程に分配器を足して、「アンテナケーブル→分配器→分波器→テレビ」で接続します。

    必要なものが少しだけ異なるので、まずは必要なものを確認しましょう。

    分波器を使ってテレビを増設する場合に必要なもの

    • 分配器
    • テレビの台数分の分波器
    • アンテナケーブル

    分配器はテレビの台数を2台にしたいなら、2分配分波器。
    4台にしたいなら4分配分波器と、分配数に応じた分配器を「ひとつ」購入します。

    しかし、分波器は「テレビの台数分」必要です。
    テレビの数を4台にしたいのなら、分波器は4つ必要です。

    また、アンテナケーブルは分波器がケーブル一体型でない場合、テレビ1台につき最低3本は必要です。
    仮に2台のテレビを接続するには、最低7本のアンテナケーブルが必要です。

    分波器と分配器を使ったテレビ増設方法

    分波器を使ったテレビ増設
    分配器の接続方法
    1. 壁のアンテナ端子(テレビ用コンセント)にアンテナケーブルを挿す
    2. 壁に挿したアンテナケーブルと「分配器」を接続
    3. 分配器に増やしたいテレビの数に応じたケーブルを挿す
    4. 分配器に接続したケーブルの数に応じて分波器を接続
    5. 分波器に接続したアンテナケーブルをテレビに挿せば完了!
    6. 配線のたるみや見た目が気になる方は、必要なケーブルの長さを確認後ケーブルモールなどで配線を整理する。

    また、ほかの増設方法はこちら「衛星放送(BS・CS)のテレビの増設方法まとめ」でも紹介しています。
    合わせて参考にしてください。

    衛星放送(BS・CS)が映らないときの対処法

    「配線が終わったのになぜか衛星放送が映らない…。」そんなときにすぐにできる対処法をまとめました。

    接続がゆるい、配線が間違っている

    分波器やほかの配線がゆるんでいないか、確かめましょう。

    次に分波器やアンテナケーブルがテレビ背面の「BS・CS」の穴に刺さっているかチェックします。
    「地上デジタル」に刺さっていると衛星放送が映らないので確認してください。

    B-CASカード差し込み

    衛星放送を見るにはチューナーが必要です。
    チューナーにはB-CASカードという、カードが入っていますがこれが何かの拍子にゆるんだのかもしれません。

    一度抜き差ししてみましょう。

    分配して電波が弱い

    テレビを増設、そのあと衛星放送が映らなくなった場合。
    電波が弱くなっているのかもしれません。

    チャンネルの「設定ボタン→チャンネル設定」から「チャンネルレベル」を確認してください。

    低すぎると出たらブースターを設置します。

    天候が悪い

    衛星放送(BS・CS)の電波は「SHF センチ波」という、水に影響されやすい電波を使っています。
    そのため、雨が降ると宇宙からの電波が地上までうまく届かないかもしれないんです…。

    台風のときに映りにくくなりますが、「雨が降るたびテレビの映りが悪くなる。毎月数回は見えづらい」のであれば、一度お近くのアンテナ業者にご相談ください。

    テレビかアンテナが原因

    例えばテレビが古くなっている、アンテナの方角がズレたなどです。
    衛星放送(BS・CS)のアンテナはベランダに取り付けている方も多く、自分で位置を調節することできます。

    しかし「アンテナを屋根に取り付けている、どの方角に修正すればよいかわからない」ならばプロに依頼しましょう。

    【アンテナ工事駆けつけ隊】では、テレビの故障、アンテナの不具合、雨で衛星放送(BS・CS)が映りにくいなどのトラブルをまとめて解決いたします。

    詳しく知りたい方は、見積もりと現地調査無料。
    24時間365日受付の下記の番号にお電話ください。

    衛星放送(BS・CS)が映らない、テレビの調子がおかしい、ブースターを取り付けたい
    まとめて【アンテナ工事駆けつけ隊】に相談!

    衛星放送(BS・CS)のテレビの増設方法まとめ

    先ほど、分配器を使った増設手順をご紹介しました。
    今度は、ほかの増設方法や値段もあわせてご紹介します。

    分波器と分配器を使う

    「【簡単】分波器の取り付け方」でご紹介した方法です。

    メリットは価格が安いこと。
    高くても5,000円程度あればテレビの増設が可能です。
    (詳しくは下でまとめています。)

    デメリットは、配線が多くなりがちなところ。
    分波器がケーブル一体型ならまだ少ないのですが、別売りタイプの場合。
    分波器ひとつに対し、最低3本のアンテナケーブルが必要です。

    仮に2台のテレビを配線する場合、アンテナケーブルは最低でも7本必要です。

    無線LAN

    お部屋ジャンプリンクなど、無線LANでチューナー同士をつなぐ方法です。
    メリットは無線でつなぐため、配線がいらないところ。

    デメリットは、無線LANの環境によってはテレビ映像の映りが悪くなるところ。
    また、チューナー内蔵のブルーレイなどは高価なため、イチからそろえると高額です…。

    アンテナ端子(テレビ用コンセント)の増設

    アンテナ業者に依頼して、アンテナ端子を増設してもらう方法です。
    メリットはテレビの映りがよく、配線も少なくて済むところ。
    テレビアンテナから電波をもらうため映りは問題ありません。
    また、配線も分波器1台だけなので少なくて済みます。

    デメリットは、一度設置したら変更がむずかしいところ。
    ほかの方法と比べると、いちいち業者に依頼するため面倒です…。

    衛星放送(BS・CS)のテレビの増設はどれが1番お得?

    およその価格 メリット デメリット
    無線LAN 1万~10万円以上
    (テレビ付きチューナーなど)
    ・無線で増設できる
    ・アンテナケーブルがいらない
    ・LAN環境に左右される
    ・イチからそろえると最も高価
    分波器と分波器 分波器、分配器ともに、ひとつ600~1,500円程度 最も安い。 2台増設の場合、安ければ6千円ほどですべてそろう。 ・長いアンテナケーブルが必要
    ・配線が多くなりやすい
    アンテナ端子の増設 1万~2万円
    (材料費込みかは、業者によって違う)
    ・電波が安定
    ・配線も少なくて済む
    一度設置したら位置を変えるのがむずかしい

    ※チューナーなどの価格はネット通販Amazonの価格を調査。価格は2021年2月19日のものです。
    ちなみにアンテナケーブルの値段は1本数百円~1,500円程度です。

    価格で選ぶのならば「分配器と分配器」がおすすめです。
    無線で増設したいのであれば、「チューナー」がよいでしょう。
    テレビ映像の安定性を重視するなら「アンテナ端子の増設」がもっとも確実です。

    衛星放送(BS・CS)のテレビの増設は【アンテナ工事駆けつけ隊】におまかせ!

    衛星放送(BS・CS)のテレビの増設は配線が多いため、ごちゃごちゃしてわかりにくい部分もありますね…。

    衛星放送(BS・CS)をいろいろな部屋で見たい、テレビを増設したいなら【アンテナ工事駆けつけ隊】にご相談ください!

    【アンテナ工事駆けつけ隊】では、テレビの増設で面倒なテレビの配線はもちろん。
    アンテナ端子(テレビ用コンセント)の増設も工事費と材料費込みの22,000円から承ります。

    「まだどうやってテレビを増設したらよいか迷っている…」なら、お気軽にご相談ください。
    あなたのご自宅に適した手段をご提案いたします。

    まずは、無料の見積もりと現地調査でご自宅の状態をお調べしますので、お気軽にお電話ください。

    24時間365日受付中!
    テレビの増設、配線工事は【アンテナ工事駆けつけ隊】におまかせ!

    まとめ

    分配器は衛星放送を見るのに必要な装置です。
    一方分配器はテレビの増設をするときに使います。

    どちらも似た名前でややこしいのですが、それぞれ使いどころが違うので購入の際にはよく確認しましょう。

    どうしても配線、テレビの増設がうまくいかないときには【アンテナ工事駆けつけ隊】にご相談いただければ、すぐに解決してくれます。

    24時間365日受付中なので、一度ご連絡ください。

    まとめて【アンテナ工事駆けつけ隊】におまかせください!