地デジ・BSテレビアンテナ工事【料金満足度No.1】日本全国対応!アンテナ工事駆けつけ隊

テレビで使う分配器と分波器の違いは?ブースターや同軸ケーブルはいる?BS・CSは増設できる?全部わかりやすく解説します!

2021.08.27

分配器を使ったテレビの増設方法、注意点や費用をまとめました!

分配器の取り付けについて調べていると「アンテナケーブルやブースター」などあまりなじみのない言葉がたくさん出てきて混乱してしまいますよね。

この記事ではできるだけ簡単に分配器と分波器の違いや、テレビの増設に最低限必要なもの、BS・CSを増設するときに必要なものを1ページにまとめました。

家電が苦手な方でも、すぐにテレビが増設できるように易しく解説しています。
ぜひ参考にしてください。

またアンテナ業者の【アンテナ工事駆けつけ隊】では、アンテナの設置や修理以外にも分配器の取り付けや配線工事も承っています。

面倒な分配器の取り付けや配線はもちろん。
壁のアンテナ端子(テレビ用コンセント)の増設、増設後の電波が弱い時につけるブースターの設置工事など、テレビの増設に関するご相談もお任せください!

まずは見積もりや電波の強さなどの現地調査を無料で行いますので、お気軽にご相談ください。

分配器やブースターの設置、アンテナ端子の増設を考えているなら【アンテナ工事駆けつけ隊】にご連絡ください!

目次

    1. 分配器と分波器の違いってなんですか?分岐器についても解説

    分配器は「電波を均等に分ける装置」
    地デジだけなら分配器だけでOK!

    分波器は「電波の種類を分ける装置」
    BS・CSも見たいなら分波器と分配器が必要

    説明の前に、テレビの仕組みを確認しましょう。

    テレビの仕組みはとてもシンプル「アンテナが電波を受信→ケーブルでテレビへ送信」という仕組みです。

    テレビの仕組み

    地デジも衛星放送も同じ仕組みです。
    図だと「アンテナが2本あるのに、壁のアンテナ端子から伸びているケーブルは1本だけ」だったり、「ケーブル同士が交わっている部分」がありますよね。

    この部分に関係するのが「分配器と分波器」です。

    分配器は「電波を均等に分ける装置」

    分配器とは

    先ほどの図の線が交わっている部分に使う道具が「分配器」です。
    1つのアンテナ線から出ている電波を均等に分ける装置です。

    「うちは地デジアンテナしかない」というご家庭なら、分配器だけでテレビの増設ができます
    衛星放送を見る場合は、分配器の他に分波器が必要です。

    分波器は「電波の種類を分ける装置」

    分波器とは

    テレビアンテナで受信した地デジとBS・CSの電波は、部屋のアンテナ端子では混ざり合っています。

    混ざった電波を分けるのが「分波器」です。

    もしも、「複数部屋にBS・CSが視聴できるテレビを増設したい」のであれば、増やしたいテレビの数だけ分波器が必要です

    分波器について詳しく知りたい方は、こちらの「テレビに分波器は必要なの?分配器との違いって何?BS放送を見るとき同軸ケーブルは何本いる?わかりやすく説明します!」も参考にしてください。

    [おまけ]分岐器は「電波を出力と分岐に分ける」

    分配器を調べているとたまに出てくる、分岐器。
    家庭で使うことはまずないのですが、混同しやすいのであわせて解説しますね。

    分配器は「電波を均等に分ける」のでなんとなく利用方法がわかるのですが、分岐器は分け方が変わっているためピンと来ないですよね。

    分岐器とは

    図のようにアンテナからケーブルまでの距離が遠く、均等に電波を送る際に使用します。

    電波のケーブルは長ければ長いほど弱くなっていきます。
    すべての場所に等しい電波を送れるよう必要な分の信号だけを取り出すのが、この分岐器です。

    分岐器の利用法としては、「大きなビルやマンション」など。
    またテレビの電波を1ヶ所に集めて、各家庭に送るケーブルテレビで利用します。

    2. 分配器の選び方

    分配器は衛星放送や4K8Kを見る場合では、必要な種類が変わってきます。
    増設したテレビで衛星放送などを見たい人は、【衛星放送を見たい人】をよく確認してください。

    また、衛星放送を見たい人】は分配器の他にテレビの台数分の分波器が必要です。 合わせて購入しましょう。

    端子の数

    分配器は2分配器、3分配器、4分配器と種類があり数字の違いが「接続できるテレビの台数」を示しています。
    2分配ならテレビ2台分、3分配ならテレビ3台分です。

    分波器はテレビの台数分必要ですが、分配器は数に対応した商品を1つ購入します。

    ただし「今は2台だけど、将来的にテレビを4台にするかもしれないから4分配器を買っておこう!」と必要以上の分配数のものを買うとテレビの映りが悪くなります…。
    必要な分配数のものを購入するか、あわせてダミー抵抗器を購入してください。

    理由は「分配器を接続したのにテレビが映らない?考えられる理由と対処法」で詳しく解説します。

    価格

    分配器は大体600円から数千円で購入可能です。
    数年前までは百円ショップでも、見かけ購入できました。
    (今は少なくなりましたが…、もしかしたら店舗によっては残っているかもしれません)

    価格は端子の数によって異なり、端子が多くなればなるほど高くなる傾向があります。
    必要なテレビの数に応じた端子数のものを購入しましょう。

    ケーブルはありか、なしか?

    分配器には写真のようにアンテナ(同軸)ケーブルが一体化したものがあります。
    ケーブルが一体化したタイプは「テレビとチューナーをつなぐ、ブルーレイとチューナーをつなぐ」などテレビや周辺機器同士をつなぐものがほとんど。
    長さも10~50㎝程度の短いものばかりです。

    「隣の部屋や1階の部屋で使う」など距離がある場合には長さが調節できないので、使う場所に合わせたものを購入しましょう

    【衛星放送を見たい人】全端子通電と1端子通電

    分配器の「通電」とはBSアンテナに電気を送る仕組みのことです。

    BS・CS放送を受信するBSアンテナを使うには、電気が必要です。
    そのため、テレビなどからBSアンテナに電気を送って使用します。

    通電と書かれた分配器をよく見ると「全端子通電と1端子通電」という2種類あるのがわかります。

    全端子通電とは、文字通り「全部の端子が通電している」ということ。
    そのため好きなときに、どのテレビからでも衛星放送が視聴できます。

    1端子通電はちょっとややこしいのですが「指定された1つの端子しか通電していない」タイプ。

    これは「通電している側のテレビの電源がついていないと、他のテレビで衛星放送が見えない」というタイプなんです…。

    全端子通電1端子通電の説明

    (※ただし、ブースターから電源を取る1端子通電はテレビの電源とは関係なく視聴できます。)

    では「全端子通電と1端子通電のどちらが良いの?」と迷いますよね。
    全端子通電と1端子通電の大きな違いは価格です

    マスプロアンテナの分配器のカタログによると、1端子通電の2分配は「3,750円(税別)」
    これに対し全端子通電の2分配は「5,250円(税別)」と同じ端子数でも1,500円違いますね。

    「居間はBSが欲しいけど、残り2部屋は地上波だけでいいかな」など、ご家庭の状況に合わせてどちらか選びましょう。

    引用:マスプロアンテナ 総合カタログ

    【衛星放送を見たい人】4K8K対応か?

    衛星放送では4K8K放送がスタートしています。
    4K8Kは専用テレビや専用チューナーが必要ですが、分配器も同様です。

    よほど古い商品でない限りたいていの商品は4K8K対応商品ですが、念のため購入の際には確認してから購入してください。

    場合によってはブースターも必要

    ブースターとは電波を強める「増幅器」のことです。
    テレビを増設後もテレビが普通に視聴できれば、ブースターの設置は必要ありません。

    電波はひとつのテレビアンテナから分けているため、分ければ分けるほどテレビ1台あたりに送られる電波が少なくなります。
    電波は弱くなるとテレビの映りが悪くなる、もしくはテレビが映らなくなります。
    その弱まった電波を強くするのが、ブースターの役割です。

    電波が弱いと感じたら、ブースターを設置しましょう。

    ちなみに…。
    【アンテナ工事駆けつけ隊】では分配器の配線や端子の増設なども承っています。
    「分配器はどれを選べばいいかわからない…、ブースターの設置に自信がない」ならお任せください!

    ご自宅に適した分配器をご提案、設置までいたします。
    さらに、現地調査でブースターを取り付けるかどうか?を無料でお調べしますのでお気軽にお声がけください。

    分配器の設置、ブースターの設置は【アンテナ工事駆けつけ隊】にご連絡ください!

    3. テレビの増設に絶対にいるものまとめ

    テレビの配線がややこしいのは分配器や分波器など、周辺機器が多いせいもあります…。
    そこで、「テレビの増設で絶対にいるもの」「衛星放送を見たい4K8K放送が見たいなら欲しい」「あればよいもの、場合によっては必要なもの」の3つをまとめました。

    テレビの増設で絶対にいるもの

    分配器
    アンテナケーブル(同軸ケーブル)

    増設したテレビで地上波だけを見たいのであれば、分配器とアンテナケーブルがあれば十分です

    アンテナケーブルは長いほど電波が弱まるため適当な長さではなく、「隣の部屋まで、2階まで」など必要な長さを購入しましょう。

    アンテナケーブルについてはこちらの「テレビ用アンテナケーブルの選び方、配線、延長方法まで全部1ページに!10mは電波が弱くなる?3Cってなに?易しく解説」を参考にしてください。

    衛星放送を見たい4K8K放送が見たいなら欲しい

    BSアンテナ(110度BS・CSアンテナ)
    対応テレビ(4K8Kの場合)
    テレビの数に応じた分波器
    チューナー(セットトップボックス)
    ※衛星放送を見るときに必要な装置

    テレビの増設で絶対にいるものに加えて上記のものが必要です。
    衛星放送を見るにはBSアンテナが必要です。
    そのため、自宅にアンテナ端子(テレビ用コンセント)があってもアンテナがなければ視聴できません。

    また、衛星放送で始まった4K8K放送を見るには専用テレビが必要です。
    「チューナーがいらない4K8K対応テレビ、チューナーが必要な4K8Kテレビ」と2種類があり、4K8K対応テレビならばチューナーはいりません。

    あればよいもの、場合によっては必要なもの

    ブースター
    フラット アンテナケーブル
    ケーブルカバー(ケーブルモール)などの配線を整理するもの

    もしも「テレビの映りが悪い、電波が弱い」のであればブースターが必要です。
    映りに問題なければ、特に必要はありません。

    フラット アンテナケーブルとは、名前の通り「平たいアンテナケーケーブル」です。
    薄いアンテナケーブルのため、扉や窓の部分だけフラットアンテナケーブルを使えば扉などを少しだけあけておく必要がありません。

    ケーブルカバーや配線を壁に止めるクリップなどがなくてもテレビは映ります。
    しかし、むき出しの配線は引っかかったり、見た目にも悪かったり良いものではありません…。
    テレビの増設を考えている今こそ、あわせて配線もきれいに整理しましょう!

    BSアンテナの取り付け、面倒な配線作業は【アンテナ工事駆けつけ隊】に連絡!

    4. 【簡単】分配器の接続方法

    分配器の取り付け方法はとても簡単です。
    「アンテナケーブル→分配器→アンテナケーブル→テレビ」の順でつなげば、それで終わりです。

    分配器の接続方法

    まずは最もシンプルな地デジが視聴できるようになる分配器の使い方を覚えておきましょう。

    分配器の接続方法
    1. 壁のアンテナ端子(テレビ用コンセント)にアンテナケーブルを挿す
    2. 壁に挿したアンテナケーブルと分配器を接続
    3. 分配器に増やしたいテレビの数に応じたケーブルを挿す
    4. 分配器に接続したアンテナケーブルをテレビに挿せば完了!
    5. 配線のたるみや見た目が気になる方は、必要なケーブルの長さを確認後ケーブルモールなどで配線を整理する。

    全部屋でBS・CS(衛星放送)と地デジが見たい

    先の手順に分波器を追加すれば、視聴できます。
    今回は、全部のテレビで自由にBS・CSが見える「全端子通電の分波器」を使って解説します。

    分配器の接続方法
    1. 壁のアンテナ端子(テレビ用コンセント)にアンテナケーブルを挿す
    2. 壁に挿したアンテナケーブルと分配器を接続
    3. 分配器に増やしたいテレビの数に応じたケーブルを挿す
    4. 分配器に接続したケーブルの数に応じて「分波器」を接続
    5. 分波器に接続したアンテナケーブルをテレビに挿せば完了!
    6. 配線のたるみや見た目が気になる方は、必要なケーブルの長さを確認後ケーブルモールなどで配線を整理する。

    5. 分配器を接続したのにテレビが映らない?考えられる理由と対処法

    「増設したとたんテレビが見えなくなった」となると、原因は分配器にありそうですね。
    考えられる原因は以下の通りです。

    電波が弱い

    分配器は1つのアンテナの電波を複数のテレビに分ける仕組みです。
    そのため、テレビの台数が増えれば、増えるほどテレビ1台分の電波が弱くなるんです…。

    まずは「テレビのチャンネルレベル」を確認します。
    これは、「このテレビが今どれくらいの電波を受信しているのか?」が一目でわかるものです。
    チャンネルレベルはたいてい「設定、オプション→チャンネル設定」などから確認できます。

    電波が弱い場合には、ブースター(電波増幅器)を設置しましょう。
    ブースターには屋外用と室内用(家庭用)があります。

    屋根の上などに設置する屋外用は慣れていないと危険なため、まずは屋内用を試してみましょう。

    ブースターによりノイズが混じっている

    ブースターは電波を増幅する機械です。
    しかし、「テレビに不要な電波(ノイズ)」まで拾って強めてしまうため、テレビに不具合が起きているかもしれないんです…。

    まずは「テレビのチャンネルレベル」を確認します。
    チャンネルレベルはたいてい「設定、オプション→チャンネル設定」などから確認できます。

    チャンネルレベルが「高すぎ」なら、可能であればブースターを切りましょう。

    またブースターに限らず何らかの原因でチャンネルレベルが強すぎる場合。
    アッテネーター(減衰器)をオンにしてみましょう。
    たいていチャンネルレベルを確認するところで、アッテネーターのスイッチが入れられます。

    接続不良

    分配器は普通の配線より、どうしても接続の数が多くなります。
    そのため、どこかの配線がゆるんでいる、抜けている、などがあるかもしれません。

    念のためテレビや周辺機器の電源を切ったら、接続を確認しましょう。
    あわせて配線のミスがないか、この時確認しておきましょう。

    また、アンテナケーブル(同軸ケーブル)の中には細い針金のような端子が入っています。
    これが曲がったり、折れたりするとテレビは映りません。

    抜き差しするときには、この端子が折れないようにやさしく差し込んでください。

    アンテナケーブル(同軸ケーブル)

    分配器の端子が余っている

    例えば3分配の分配器の端子がひとつ余っているということはありませんか?
    分配器の端子がむき出しのままだと、余分な電波が入り込んだり、必要なテレビの電波が漏れ出したりするんです…。

    もしも端子が余っていたら、端子にダミー抵抗器(終端抵抗器)を装着しましょう
    ダミー抵抗器があれば、電波が入り込んだり、漏れ出したりする心配がなくなります。

    気になる疑問 分配器を重ね付けしてもいいの?

    分配器をたこ足配線のように使う重ね付けはやめましょう。

    例えば2分配の分配器に、別の2分配の分配器をつけたとします。
    使える端子が2つから3つに増えましたね。

    しかし、分配器の仕組みを思い出してください。
    分配器は1つのアンテナの電波を均等に分けるため、どんどん弱くなっていきます。

    1度分配器を通した電波は弱くなり、さらに弱くなった電波を次に分けるため分配器は重ね付けすればするほど電波が弱くなるんです…。

    また、分配器は通常4分配など分配する数が選べます
    新たに使う数に応じた分配器を購入しましょう。

    しかし「どうしても分配器が足りずに困っている!」という方は、アンテナ端子の増設をするか、別の方法でテレビを増設しましょう。

    いろいろ試してもどうしてもテレビが映らない場合は、テレビやアンテナなどが原因と考えられます。

    電波の強さの確認などと合わせて、一度アンテナ業者に見てもらいましょう。
    【アンテナ工事駆けつけ隊】なら、24時間365日ご依頼を受け付けています。

    見積もりと現地調査は無料ですので、テレビが映らなくてお困りなら今すぐ、ご連絡ください。
    テレビが映らないなら【アンテナ工事駆けつけ隊】へ連絡!

    6. 他にもあるぞ!テレビの増設方法

    ここまで、分配器を使ったテレビの増設方法をご紹介してきました。
    分配器を使うとどうしても配線が必要なため、壁に穴をあけるなどの工事が必要です。

    そんな工事を避けるため、分配器を使わずにテレビを増設する方法をまとめました。

    チューナー

    チューナーとはざっくりいうと「テレビを見られるようにする装置」のことです。
    よくブルーレイレコーダーなどに「チューナー搭載」と書かれていますが、あれのことです。

    チューナーの中には「お部屋ジャンプリンク(パナソニック)」など、「チューナーから別のチューナーに無線LANで電波を飛ばしてテレビを見る」機能が搭載されたものがあります。

    これを使えば、無線でテレビが増設できますね!
    デメリットは、値段と設定と画質が無線LANに左右されるところ。

    安くても1万円ほど、チューナー一体型テレビになると10万円を超えることもあります。

    また無線LANは電波をケーブルではなく無線で飛ばすため、無線LANがさえぎられたり、電波干渉が起きたりするとそれだけでテレビの映りが悪くなります…。

    詳しくは「テレビアンテナの無線化&アンテナケーブル、アンテナ端子なしでテレビの増設はできる!アンテナなしでテレビを見る方法なども大解説!」をご覧ください。

    室内アンテナ

    室内アンテナとは、室内で使う小さな地デジ用アンテナです。
    このアンテナを室内に立てて、テレビと直接つなぐことでテレビの増設が可能になります。

    室内アンテナのデメリットは「電波が弱い地域では使えないこと」
    山間部や周りを鉄筋コンクリート造りの建物に囲まれているなど、電波が入りにくい場所では室内アンテナは使えません…。

    詳しくは「【室内アンテナの選び方】テレビアンテナを室内に設置して受信できる?ブースターはある?利得ってなに? 疑問を解消!」を参考にしてください。

    アンテナ端子(テレビ用コンセント)の増設

    1番確実にテレビが視聴できる方法です。
    チューナーや室内アンテナはそれぞれ「無線LANと地域によるテレビ電波の強さ」によってはテレビの映りが悪くなります。

    アンテナ端子の増設した場合、テレビアンテナの電波をアンテナケーブルに直接送るため映像が荒れづらいんです。

    ただし、一度増設工事をすると、チューナーや室内アンテナのように自由に位置を変えることができなくなります。
    工事の前にはじっくり場所を考えてから依頼しましょう。

    工事の依頼は、お近くのアンテナ業者や電気屋さんなどで依頼できます。
    価格は工事費と材料費込みの場合と、工事費のみの場合があるので見積もりの時にしっかりと確認を取っておきましょう。

    テレビの増設価格一覧

    テレビを増設した際のメリット、デメリットをまとめました。
    また、たいていの場合この価格に合わせて、アンテナケーブルが必要です。
    アンテナケーブルの値段は1本数百円~1,500円程度です。

    およその価格 メリット デメリット
    チューナー 1万~10万円以上
    (テレビ付きチューナーなど)
    • 無線で増設できる
    • アンテナケーブルがいらない
    • LAN環境に左右される
    • 4つの中で設定が1番面倒
    分配器 600~千円 最も安い 長いアンテナケーブルが必要
    室内アンテナ 2千~8千円 1台でどこでも使える 電波を拾う力が弱い
    アンテナ端子の増設 1万~2万
    (材料費込みかは、業者によって違う)
    電波が安定し、アンテナケーブルも短くてよい 一度設置したら位置を変えるのがむずかしい

    ※チューナーなどの価格はネット通販Amazonの価格を調査。価格は2021年2月17日のものです。

    価格で選ぶのならば「分配器」がおすすめです。
    無線で増設したいのであれば、「チューナー」がよいでしょう。
    テレビ映像の安定性を重視するなら「アンテナ端子の増設」がもっとも確実です。

    ご家庭にあった、増設方法を検討してください。

    7. テレビの増設、アンテナ端子の増設【アンテナ工事駆けつけ隊】におまかせ!

    「テレビの数を増やしたいが、なんだか面倒でむずかしそう…」
    そう感じたら【アンテナ工事駆けつけ隊】にご相談ください。

    24時間365日いつでも、ご依頼を受け付け中。
    あなたの家にあったテレビの増設方法をご提案します。

    例えばアンテナ端子の増設は材料費+工事費コミコミの22,500円から、ご依頼を受けさせていただいています。

    その他、ブースターの設置、分配器の設置やBSアンテナの設置などなど…。
    テレビでお困りのことがあればお気軽にご相談ください。

    分配器の設置、ブースターの設置、アンテナ端子の増設を考えているなら
    【アンテナ工事駆けつけ隊】にご連絡ください!

    8. まとめ

    分配器を使ったテレビの増設は、数千円でできるので最もお得にテレビの増設ができます。
    また、配線も簡単なのでこの機会に自分でテレビの増設をしてみるのもよいかもしれませんね!

    また、テレビの増設は分配器以外にも無線やアンテナ端子の増設などさまざまな手段があります。
    じっくり検討して自分に合った方法を選んでくださいね。